知らないともったいない?子育て支援のサポート

子どもが通う支援について

通園の子育て支援

子ども自身が通うことのできる子育て支援があります。
それが、保育所や認定こども園、幼稚園などです。

保育園では、共働きや、介護や通院などで日中子どもの保育ができない家庭の強い味方となっています。
0歳から通うことができるので、育児休暇を長く取ることができない場合でも、仕事に復帰することが可能です。
幼稚園では家庭と園で協力し、色々な教育を受けさせることができます。
認定こども園では保育園、幼稚園両方の特色を併せ持った施設です。

保育園などでは2人目以降の在園時の保育料軽減など、兄弟がいる家庭に対して

また、普段は通園していない子どもでも保育園などが主体となって受けられるサポートがあります。
園庭開放や意見交換会など、地域の親子コミュニケーションを図る目的のものがその一つです。

その他の通う施設

保育園や幼稚園など、日常的に通うもの以外にも子ども自身が通うことでサポートが成立する施設があります。

・病児保育室
普段保育園に通っている子どもが、熱などで通園できないときに、一時的に預かってくれる施設です。
当然、子どもが病気の時は保育園などに預けることはできません。
しかし、何度も何日も休むことができない職場もたくさんあります。
そんな保護者の為の強い味方といえます。
病院などの併設施設となっているところが多く、医者や看護師もいるため、安心して預けることができます。

・一時預かり
保育園などで、短期間の間通園できるシステムです。
例えば出産や短期的な病気、介護など、普段は家で育児はしているけれど期間限定で育児が難しい時などに利用することができます。
保育園によって実施しているところと、していないところがあります。


この記事をシェアする